ベビースリングの使い方:かけ方

ベビースリングの使い方:かけ方

わっかが一重になるようにベビースリングを広げます(〔ベビースリングの作り方〕9で二枚重ねのわっかになる直前の状態)。
ベビースリングを裏返しにします。
ベビースリングのカーブ側と反対側(輪になっている方)の端から、短くしたい長さの半分の位置(10cm短くしたいなら輪の端から5cmの位置)に、しつけをかけます。しつけをかけた位置で適当かどうか、チェックしてね!
しつけをかけたところを縫います。手縫いの場合は、本返しまたは半返しで。
縫ったところを広げて、つまんだところを片側に倒します。
倒したところの端から、4で縫ったところに向かって、3〜5mm程度内側をおさえ縫いします。
できあがり。もう一回赤ちゃんを入れて様子を見てね!
あとは、毎回ベビースリングを着用する際に、シミや汚れなどがついていないか、布が裂けそうになっていないか、縫い目がほつれてきていないか、などなど、ベビースリングの状態を確認しながら使用してください。
また、ベビースリングを使用しているときは、赤ちゃんの体がベビースリングの中でちゃんと収まっているかどうか、赤ちゃんの手足がねじれていないかどうか、赤ちゃんが苦しそうにしていないかどうか、常に確認してください。

それから、手作りのベビースリングは、布選びから縫い方、使い方にいたるまで、すべて自己責任ということを忘れないでください。
ベビースリングの作り方や使い方を紹介しましたが、ゴメンナサイ、手作りベビースリングを使用したことによる事故や怪我など、不測の事態の責任はとれません。
くどいようですが、赤ちゃんの安全が一番大事です。パパとママが、赤ちゃんの安全を一番に考えてあげてください。

赤ちゃんもママ(それからパパ)も、ベビースリングに慣れるまでちょっと時間がかかるかもしれません。
でも、焦らないでください。赤ちゃんは順応するのが早いし、ママやパパもコツを掴んだら抱っこが楽しくなっちゃいますよ。
(パパもベビースリングが気に入ったら、パパ用も作ってあげましょう!)
[赤ちゃんを着る]っていう発想、ベビースリングで育児に取り入れてみませんか?

ベビースリングの使い方

〔ベビースリングの使い方〕
早速できたてほやほやのベビースリングを使ってみましょう。
以下は、首がすわる前の赤ちゃんを対象にした使い方です。この使い方による抱っこは、横抱きって言われています。

ベビースリングの使い方
ベビースリングのわっかになっている方から腕に通して頭をくぐらせ、たすきがけします。
肩や背中でシワができないようにベビースリングを広げます。
ベビースリングの継ぎ目(縫い目)部分が赤ちゃんのお尻がくるようにポジショニングします。
ベビースリングのわっかを広げます。
赤ちゃんを抱っこして、お尻からベビースリングのわっかの中に入れます。
赤ちゃんのお尻の位置や足の位置を調整します。赤ちゃんの位置は、赤ちゃんのお尻を片手で持って、ベビースリングを片手で持つと、変えやすいです。
赤ちゃんの頭をベビースリングの中に入れます。
どうです?赤ちゃんはご機嫌ですか?ママ(あるいはパパ)は苦しくないですか?
赤ちゃんの首が据わってからは縦抱き、腰が据わってからはカンガルー抱きやピーナツ抱き、など色々な使い方ができます。おんぶだってできるんですよ。

ベビースリングの使い方
もし、ベビースリングの長さが丁度よいなら、一手間加えましょう。

カーブと逆側で、わっかになっていない方を1cm程度閉じるように縫います。
こうすると、ベビースリングを着用する際にベビースリングが開きすぎてしまったり、肩でずれるのを防ぐことができます。
面倒だからって、安全ピンで留めることはしないでね!(危険)
もし、ベビースリングが長すぎて、赤ちゃんの位置が腰より下に来る場合は、長さを調整しましょう。

ベビースリングの使い方

ベビースリングの使い方
ベビースリングとは、新生児から大体2〜3歳ぐらいのお子さんまで抱っこすることが出来る布状の抱っこ紐です。

一口にベビースリングと言っても、リングを利用して密着感を調整するものや、リングのないシンプルな布一枚のものまで形は様々あります。
日本では、「シアーズ博士夫妻のベビーブック」の発売以来注目を集め始め、今では各種様々なタイプを取り扱うインターネットSHOPや、手作り愛好家も増えてきました。

ベビースリングの使い方:従来のおんぶ紐と違う点は、主に

生まれてすぐの新生児期から2〜3歳の幼児期まで使用することができる
たった一枚で抱っこ・おんぶなどのバリエーションが豊富
(その点、慣れるまでに少々時間が掛かりますが)
抱いたままの授乳が可能で、尚且つ周囲に気付かれにくい(授乳室要らず)
肩や腰への負担を和らげる構造に加え、装着が至ってシンプル
・・・という点が挙げられます。

ベビースリングの使い方
また、赤ちゃん自身も体をすっぽり包まれ、大人の体に密着することで安心感を得ることが出来ます。
これからご出産を控えられているプレママには勿論、今現在育児に奮闘中のお母さんにも是非お勧めしたいアイテムです。
まずは一度、使用感を味わってみてください。

赤ちゃんのため

赤ちゃんのため
ベビースリングを利用すると赤ちゃんが非常に落ち着きます。
理由はお母さんとも密着している安心感と、丸まった姿勢というのは人間が生まれてくる前に、お母さんの子宮のなかにいた感覚と同じ感覚を得られるという効果もあるでしょう。

大人でも丸まる体制をすると安心するのは、子宮の中にいた頃の感覚が残っているためとも言われます。
また、最近の赤ちゃんの育児法として赤ちゃんを抱っこして体に触れているほうが赤ちゃんの為にも良い影響を及ぼすと言われています。

ベビースリングで安心感を与えましょう。
ベビースリングの優れている点はいくつもありますが、赤ちゃんを育児するのに大変なのが授乳ですよね。

まだ授乳が必要な赤ちゃんと外出したときに、赤ちゃんがおっぱいが欲しくなる事ってどうしてもあります。
しかし、このベビースリングをしていると、赤ちゃんを寝かせて抱っこしているときにちょうどお母さんのおっぱいの位置に赤ちゃんの頭がきますし、何と言ってもベビースリング自体の布で授乳をしているところを隠すことができるので、外出時にも安心して人目を気にせず授乳できます。

今まで外出するときはミルクを携帯したり、母乳を搾って持っていなければいけなかったのが、ベビースリングのおかげで、外出先でも気軽にその場で授乳でき、楽しく楽に育児ができるようになります。

使い易いベビースリング

使い易いベビースリング
ベビースリングの特徴はやはり使いやすさです。
とても間単にしかも一人でベビースリングを調節できますのでとても使いやすいです。

しかも赤ちゃんを寝かしつけるのは大変なことですが、ベビースリングで何気なく抱いていたら赤ちゃんが自然に気持ちよくなり安心して寝てくれる事がありますので、寝てくれたらベビースリングを脱ぎ、そのままベッドに寝かしてあげれば赤ちゃんは気持ちよく寝ていられます。

以前は寝るまで抱っこして大変だったのが、ベビースリングが寝かしつけの一助にもなることでしょう。
赤ちゃんを抱っこするというのは非常に重労働です。

赤ちゃんは日増しにどんどん成長して重くなっていきますし、抱っこをつらいと感じるお母さんも多いのではないでしょうか。
しかも抱っこが長時間にもなると、それこそ大変で、腕、肩、首が凝ってしまってお母さんの体の負担がとても大きいです。

その点ベビースリングなら体全体を使って赤ちゃんの体重を支えますので、抱っこに比べればはるかに体にかかる負担は減ります。
ベビースリングを使い出したらもうベビースリングが手放せなくなってしまうでしょう。

ベビースリングの中でも大きな利点は、やっぱりお母さんが赤ちゃんを抱っこしていながら手が自由に使えるということでしょう。
普通では抱っこをしていたら、それだけで他に何もできませんが、ベビースリングを使っていると、手が自由に使えるため、赤ちゃんに不快な思いをさせずに、外出先での用事や家でも家事をすることができます。

また、兄弟など小さいお子さんがいる場合でも、赤ちゃんはベビースリングで、小さいお子さんは手をつないであげるなど、手が自由に使える利点は非常に大きいです。
この手が自由に使えると言うのがベビースリングの一番の優れているところかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。