ベビースリングの作り方

ベビースリングの作り方

材料
*木綿 90cm-110cm幅×2m
*専用リング 直径5-6cm×2個
*綿(わた)もしくはハンドタオル40cm×35cm
*60番ミシン糸/14番ミシン針

中肉の通気性の良い、天然素材がおすすめです。
リングは強度がある専用のモノを。
継ぎ目のない樹脂製か金属製を使用してくださいね。

step1 アイロンで耳を1cmの二つ折りにして
キワにステッチをかけます。(両端)

step2 片方の裁端を1cmの三つ折りにして
キワにステッチをかけます。(返し縫いを忘れずに)

step3 もう片方の裁端を下図のように中表に半分に折り、
5等分の位置に20cmのミシンをかけます。

step4 step3の縫い目を重ねるようにひだをたたみ
アイロンで整えます。

step5 端から1cmのところを縫います。
(返し縫いを忘れずに)

step6 表側に返して、中に綿(わた)を入れて整えます。
(あまり入れ過ぎるとミシンがかけられなくなるので注意。
着用した時にここが肩になりますの)

step7 リングを2つとも通して図のように折り
綿(わた)が動かないようにステッチをかけ
(雑巾がけのように)しっかり縫い止めて完成です。

出産のお祝いに喜ばれます。


ベビースリングの作り方

〔ベビースリングの作り方〕
リングなし筒型タイプのベビースリングの作り方の一例です。
「ここはもっとこうしたいなぁ」「こうすればいいんじゃない?」っていう意見や工夫はどんどん取り入れちゃってください。
でも、「やっぱりちょっと手作り品は安全性に不安が・・・」「丈夫に縫えるかどうか自信がない・・・」っていう心配は尽きませんよね。そういう場合は無理に手作りする必要は全然ありません。ベビースリングに限らず、何でも「ママの手作りが一番!」なんていう幻想に振り回されないでくださいね。言うまでもなく、赤ちゃんの安全が一番大事なんですから!

<ベビースリングの作り方>
まず、自分の正面に布の長い方の端を置いて広げます。このとき、布の表は上にします。
向かって左または右から、反対側へ布を折ります。(中表に縦半分に折ります。)
今度は、手前から奥または奥から手前に布を折ります。(1/4の形になります。)
輪になっていない方の角を揃えて、緩くカーブをチャコまたはヘラでつけます。(カーブは底から10cmくらい。フリーハンドでOK。)
カーブの印にそって、布を切り落とします。

1と同じように布を広げ、2と同じように布を折ります。(中表の横半分の形)
このとき、下側になった布の端が上側になった布の端より少しはみ出るように布を重ねます。
上側になった布の端から 1〜2cm程度のところをおりふせ縫い(※)をします。カーブの両端は縫い目を強化するために返し縫いを何度か繰り返すとよいです。これで布がわっか状になります。
切りっぱなしになっている(長い方の)両端を三つ折りにして始末します。

おりふせ縫いをしたところを三つ折りにすると厚みが出て、縫いにくいのですが、ロックミシンやジグザグ縫いよりも、三つ折りの方が丈夫です。
表に返して、二枚重ねのわっかになるように、外表に折ります。
できあがり

※おりふせ縫い
おりふせ縫いとは、布おむつを縫う際など、赤ちゃんの物を縫う際に良く使う縫い方です。
丈夫で、見た目も美しい始末の方法です。

布を中表に横半分に折り、下側の布を上の布より5mm程度長くはみだすようにします。
上側の布の布端から、約1cm程度のところを縫います。(緑の点線)
下側の布を上側の布にかぶせるようにして折ります。
ここで、折り目にアイロンをかけておくと後の作業がラクです。
さらに、1で縫った線を中心に、さらに下側に倒し、布を開きます。
4で倒した部分を縫います。布端から2mmくらい上を縫って終わりです。

ベビースリングの作り方:生地、素材

ベビースリングの作り方
〔ベビースリングの作り方:ベビースリングを手作りしてみる?〕
ベビースリングは、購入すると意外に高価だし、しかもまだまだ一般的ではないので、取り扱っているお店も少ないし・・・。ベビースリングは簡単に作れそうだから、じゃあ、手作りしてみようか、っていうママも多いでしょう。

ベビースリングは大別すると、簡単に長さを調整できるリングありタイプと、ちっちゃくたたむことができるリングなしタイプの2種類。
手作りするのが簡単なのは、リングなし筒型タイプのベビースリング。幅広の大きい“たすき”みたいなものだと思えばイメージしやすいかな?ベビースリングを初めて作るなら、練習もかねて、このタイプがおすすめ。慣れてきたら、リングなし扇型タイプやリングありタイプを作ってみて!

ベビースリングの作り方
ベビースリングは、母子手帳ケースのような“小物”っていう大きさではないので、ミシンで縫った方が楽だし、丈夫に縫えるし、仕上がりもキレイ。
でも、ベビースリングを手縫いで縫っちゃダメっていう法はないです。手縫いでも丈夫に縫ってあれば大丈夫です。手縫いで丈夫に縫うには、本返し縫い、または半返し縫いで。布が重なる部分を普通の縫い針で縫うのはキツイので、ふとん針で縫うとよいです。縫い目は、整っていたら確かにキレイだけど、縫い目を整えることよりも丈夫に縫うことが最優先事項です。

ベビースリングの作り方
まずは、ベビースリング(リングなし筒型タイプ)の材料を用意しましょう。

>ベビースリングの作り方:布
コットン(100%)やキルト地など、丈夫で、あまり伸び縮みせず、厚さは普通地くらいのもの。縫う前に一度水通ししておきましょう。
柄はお好みで。でも、いくら柄が気に入っているからって、リサイクル布はどうしても耐久性に欠けるので、やめた方が無難。新しく布を購入してね!
ストレッチ素材や厚手の生地は、ミシン縫いでも手縫いでも、縫いにくいです。薄手のものは、扱いやすいですが、くたびれるのも早いです。

>ベビースリングの作り方:布の用尺
ベビースリングに必要な用尺は、ママやパパ、それから赤ちゃんの身長や体格にもよりますが、リングなし筒型タイプの場合、以下の算出方法を参考にしてください。

ベビースリングの幅={30cm前後×2}
ベビースリングの長さ={ベビースリングを掛ける側の肩から反対側の腰までの長さ×2+(縫い代3cmくらい+カーブの長さ10cmくらい)}

なお、ベビースリングをかける側の肩から反対側の腰までは、ゆとりを考えて、緩くメジャーを渡して測ってください。
布の幅は、赤ちゃんの体格にもよりますが、狭すぎると赤ちゃんが入らなくなり、広すぎると赤ちゃんが沈み込んでしまいます。90cm幅や110cm幅の布の場合は、面倒でも縦に切って幅を60cm前後にしましょう。

>ベビースリングの作り方:縫い糸及びしつけ糸
縫い糸は生地に最も適したものを使用しましょう。色は同系色でもいいし、ステッチをアクセントにするなら反対色でもいいし。

>ベビースリングの作り方:その他
アイロン、霧吹き、裁ち鋏、チャコ(またはヘラ)など

簡単な作り方

よく聞かれるのです、ベビースリングの作り方。
詳しい作り方を書いているところあんまりないんですね。

材料
*木綿 90cm-110cm幅×2m
*専用リング 直径5-6cm×2個
*綿(わた)もしくはハンドタオル40cm×35cm
*60番ミシン糸/14番ミシン針

中肉の通気性の良い、天然素材がおすすめです。
リングは強度がある専用のモノを。
継ぎ目のない樹脂製か金属製を使用してくださいね。

step1 アイロンで耳を1cmの二つ折りにして
キワにステッチをかけます。(両端)

step2 片方の裁端を1cmの三つ折りにして
キワにステッチをかけます。(返し縫いを忘れずに)

step3 もう片方の裁端を下図のように中表に半分に折り、
5等分の位置に20cmのミシンをかけます。

step4 step3の縫い目を重ねるようにひだをたたみ
アイロンで整えます。

step5 端から1cmのところを縫います。
(返し縫いを忘れずに)

step6 表側に返して、中に綿(わた)を入れて整えます。
(あまり入れ過ぎるとミシンがかけられなくなるので注意。
着用した時にここが肩になりますの)

step7 リングを2つとも通して図のように折り
綿(わた)が動かないようにステッチをかけ
(雑巾がけのように)しっかり縫い止めて完成です。

出産のお祝いに喜ばれます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。