ベビースリングの特徴

赤ちゃんがベビースリングに慣れると、今まで抱っこをして時間をとって寝かしつけなければいけなかったのが、ベビースリングで抱っこしているだけで普通に寝てしまうようになると思います。
それ程慣れてしまえば赤ちゃんにとっても、快適な抱っこの方法と言えます。

ベビースリングの中で赤ちゃんが寝た時には、ベビースリングごと布団やベットに静かにおろしてあげ、それからお母さんがベビースリングを脱げば、赤ちゃんを起こすこともなく、ゆっくり休ませてあげることが出来ます。
今まで寝かしつけが大変だったお母さんにもベビースリングの便利さが分かると、使わなくてはいられない位になるでしょう。

ベビースリングは育児に大変なお母さんのお助けグッズですね。

・ベビースリングをしたまま授乳が出来ます。
主に横抱きやゆりかご抱きの場合は、赤ちゃんの顔がちょうどお母さんの胸にくるので、そのまま授乳が出来ます。

しかも外出先でも、ベビースリングのテールで胸元を隠していれば、外の人の目を気にすることなく授乳が出来ます。
普通は授乳をしている事すら気がつかれない位です。

授乳を隠しながら出来るところは、ベビースリングならではの便利な点ですね。

ベビースリングの特徴:快適

赤ちゃんが窮屈そうに感じますが、お母さんの子宮の中にいる感じに近く、ベビースリングの中は快適です。

(ベビー)ベビースリングは慣れてしまえば、お母さんにも赤ちゃんにも快適な抱っこひもになるはずです。
しかし、もし赤ちゃんがベビースリングに入るのを嫌がってしまったら、無理して入れようとせず、最初は抱き方を変えてみてあげてください。
たて抱き、横抱き、ゆりかご抱きなど赤ちゃんが嫌がらず、快適に過ごせるような抱き方をしてあげて下さい。

また、それでもどうしても(ベビー)ベビースリングを嫌がるようなら、無理に(ベビー)ベビースリングを使用せず、その場は他のおんぶひもなどに変えたりして、赤ちゃんが(ベビー)ベビースリングに嫌なイメージを持たないようにしてあげてください。
その時の気分次第で、少し経つとまた(ベビー)ベビースリングにおとなしく入ってくれることもあります。
お母さんも焦らず、気持ちにゆとりをもって、赤ちゃんと接してあげてください。


ベビースリングは一般的に使っていれば、赤ちゃんの体の害になることはないといわれています。

大人から見ると狭い場所に入るので、股関節などを脱臼するのではないかと思われがちです。
一般的には安全と言われていますが、赤ちゃんの体質による場合もありますので、股関節などについて医師から赤ちゃん自身に問題を指摘されている場合などは、医師の方に相談をして下さい。

基本的にベビースリング自体が赤ちゃんに悪影響を与える心配はなく、赤ちゃんの正常な発達や精神的な安定にもつながります。
ベビースリングは赤ちゃんにもお母さんにも優しい抱っこひもなのです。

ベビースリングの特徴:おんぶ

そのまま言葉どおり、ベビースリングを後ろに回しておんぶをする事が出来ます。
背中に赤ちゃんを背負うように持ってきますので、何か身体の前で作業をしたいときに便利です。
しかし、おんぶをする時には十分に注意をしてください。

ベビースリングでおんぶをする時は比較的、赤ちゃんが不安定になりがちです。ベビースリングの布が赤ちゃんをしっかり包み込んでいるのを確認しながら、注意して抱っこしてあげてください。
危ないと思ったら、すぐに位置を調節して、安定する抱き方に変えてあげて下さい。

・ベビースリングのたて抱きです。
赤ちゃんの首がすわったらとても使いやすいのがたて抱きです。
赤ちゃんをベビースリングの中であぐらをかかせる状態にして、赤ちゃんの顔はしっかりとベビースリングから外に出ているため、周りから赤ちゃんの顔を見ることも出来ますし、赤ちゃんも外の様子を見ることが出来る抱き方です。
こちらもベビースリングのテールをしっかりと引き締めて、お母さんと赤ちゃんがしっかりお密着するように抱っこをします。

少し大きくなった赤ちゃんには一番楽で快適な抱っこだと思います。

・ベビースリングのゆりかご抱きです。
ちょうどリングの下に赤ちゃんの頭が来るようにする抱き方をゆりかご抱きと言います。
大きな赤ちゃんにはちょっと窮屈な抱き方ですので、小さい頃には使える抱き方です。

ベビースリングのテールは十分に引き締め、赤ちゃんとお母さんの体がしっかり密着するようにしてください。
文字どおりベビースリングでゆりかごの状態を作ってあげます。

ベビースリングの底に赤ちゃんを寝かせて入れる抱っこの形が横抱きです。
まだ首がすわっていない赤ちゃん(新生児)にも適した抱き方で、ちょうど赤ちゃんの顔がお母さんの胸の辺りにきますので、授乳などにも適しています。
余っている布で胸元を隠せば外からは授乳している様子も見られないために、とても楽で効率の良い抱き方です。

ベビースリングの特徴:抱っこ

赤ちゃんがベビースリングに慣れると、今まで抱っこをして時間をとって寝かしつけなければいけなかったのが、ベビースリングで抱っこしているだけで普通に寝てしまうようになると思います。
それ程慣れてしまえば赤ちゃんにとっても、快適な抱っこの方法と言えます。

ベビースリングの中で赤ちゃんが寝た時には、ベビースリングごと布団やベットに静かにおろしてあげ、それからお母さんがベビースリングを脱げば、赤ちゃんを起こすこともなく、ゆっくり休ませてあげることが出来ます。
今まで寝かしつけが大変だったお母さんにもベビースリングの便利さが分かると、使わなくてはいられない位になるでしょう。

ベビースリングは育児に大変なお母さんのお助けグッズですね。

・ベビースリングをしたまま授乳が出来ます。
主に横抱きやゆりかご抱きの場合は、赤ちゃんの顔がちょうどお母さんの胸にくるので、そのまま授乳が出来ます。

しかも外出先でも、ベビースリングのテールで胸元を隠していれば、外の人の目を気にすることなく授乳が出来ます。
普通は授乳をしている事すら気がつかれない位です。

授乳を隠しながら出来るところは、ベビースリングならではの便利な点ですね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。